ウェブログ

紗妃「誤解です!!」

f:id:gontete:20161003214638j:plain

 

 

風子「氷川、アンタさんが転校生さんとデキてるって噂が流れてるみてーですが、本当ですか」

紗妃「デキっ………!?げほっ!げほげほっ!」

風子「ちょっと氷川きたねーですよ!!落ち着いてくだせー」

紗妃「げほっ!ほ、ほんとな訳ないでしょう!私は風紀委員ですよ!どうして不順異性交友の塊みたいな転校生さんと私が」

風子「実はウチもあやしーと思ってたんです」

紗妃「誤解です!!」

風子「じょーだんですよ氷川。だいたいね、氷川も氷川ですよ。至近距離で説教したり、罰とか言って学内連れ回したり、二人だけで風紀委員室入ったり。毎日毎日これでデキてないよーに見えます?」

紗妃「し、然るべき措置です!それは皆さんの見る目が不純なだけで」

風子「氷川はどーもそういう感覚がズレてますね……熱心なのはいいことですが、ちょっと周りの目も気にした方がいーですよ」

紗妃「う……わかりました」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

紗妃(わたしと転校生さんが…デ…デデデキ…!!勝手にそんな根も葉も無い噂…許せません!少し…少し!やりすぎた所はあるかもしれませんが…一体どこからそんな…)

 

(ざわざわ……)

 

紗妃「なんでしょうあの人だかりは……新聞?」

 

『あの氷柱の姫のスキャンダル!乱れる風紀!転校生との密会!?』

 

紗妃「遊・佐・鳴・子……あの雌狐…!!!」

紗妃「今日という今日は許せません!!絶対に捕まえて懲罰房に入れてみせます!!」

 

ダダダダダダダ……

紗妃「いた!!転校生さん!!今すぐ来て下さい!!」

紗妃「何って…あの新聞を見ていないんですか!?遊佐鳴子です!勝手にあんなデタラメ記事を…今すぐ探しに行きますよ!遊佐鳴子を!!!」

 

「ご、きょ、う、りょ、く、頂けますね!?有無は言わせません!!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(バン!)

紗妃「遊佐鳴子!!出てきなさい!」

鳴子「おやおや、騒がしいね。いらっしゃい。転校生君も」

紗妃「呑気に部室にいるとは好都合です!!新聞は読ませていただきました!よくもあのようなデタラメ記事を…今日こそ懲罰房に来て反省してもらいます!」

鳴子「おやおや、デタラメだなんて心外だな。僕にはそう見えたから書いただけさ」

紗妃「あなた…私をからかってるんですか!?」

鳴子「はは、もしかしたら…そうかもしれないね。悪いけど、僕は用事があるからこれで失礼するよ」

紗妃「待ちなさい!まだ話は終わっていませんよ」

鳴子「それより、ずいぶん急いでいたのかい?スカートがお尻まで捲れ上がっているけど」

紗妃「えっ…きゃあああああ!!!」

バッ

紗妃「あれ、まくれてない……っ!?遊佐鳴子は!?」

紗妃「もういない!?この…!してやられました!!」

紗妃「行きますよ転校生さん!今度こそ捕まえましょう!!」ギュッ

タタタタタ……

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガチャ

紗妃「おはようございます…」

風子「お、氷川。おはよーごぜーます。昨日は大変だったみたいですねー」

紗妃「まったく…遊佐鳴子の逃げ足には本当に手を焼きます……」

風子「もーいっそほんとに転校生さんと付き合っちゃえばいいのに。転校生さんも多分氷川のこと好きですよ」

紗妃「すっすすす好きとか!そういう問題じゃありません!だいたい私は風紀」

風子「まーまーわかりましたって。ところでこの新聞見ました?」ピラッ

 

 『過激化する熱愛!氷柱の姫と転校生、手を繋いで学内デート!?』

 

紗妃「なっ、なななな!!!遊、佐、鳴、子~…!!今度こそ絶対に絶対に許しません!!」

ダダダダ…

風子「やれやれ、永遠にやってそうですね…自覚がないのも困りもんです」

風子「ま、楽しそうなんで何よりですが…」

 

紗妃「転校生さん!!今日こそ遊佐鳴子を捕らえますよ!」ギュッ