読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブログ

ゴンテテ日記66

今日は「なぜうんこは茶色いのか」についてお話したいと思います。

 

うんこのイメージを落としている要素として、悪臭はもちろん、その綺麗ではない色も大きな要因だと考えています。 

うんこがピンクや黄色など、カラフルな色だったらもっと親しみも持てたものなのでしょうが、なぜ茶色いのでしょうか。

 

その原因は「赤血球」にあります。

血液中の赤血球は、寿命が120日ほどしかありませんので、体内では常に新しい赤血球が作られ、入れ替わっています。

実は、その死んだ赤血球がどこから排出されるかというと、他でもないうんこなのです。

 

死んだ赤血球は肝臓で代謝され、小腸の始まりである十二指腸から胆汁に混じって分泌されます。

赤血球は死んでから姿を変えていきますが、最終的に変わったもののひとつがウロビリンという色素です。

この色素がうんこ色を生み出しているのです。

 

うんこは汚い茶色をしていますが、この色こそ、きちんと内臓が働いている証なのです。

ピンクやカラフルなうんこが出てきたら、間違いなく消化器や肝臓の病気か、頭がおかしい証拠なので病院か精神科に行きましょう。