キマリを育てすぎた

最近Steamで懐かしのファイナルファンタジーXを買いまして、なつかし~とか言いながら楽しくプレイしてます。

今回の記事はファイナルファンタジーXをプレーしたことがない人にはわかりにくいかもしれませんが、楽しんでいる感じがわかるように頑張って書こうと思います。

 

FFXといえば、FFシリーズが初めてプラットフォームをPS2に移した記念すべき作品であり、今でも名作と名高い作品でもあります。 

まず最初にそもそもファイナルファンタジーXを知らない人に向けてどんなゲームなのか少し説明しようと思います。

f:id:gontete:20190529143005p:plain

画像はファイナルファンタジーXのメインビジュアルです。

左が主人公のティーダという少年で、右がヒロインの青年ワッカです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ティーダ君はブリッツボールというスポーツのエース選手。

ある日試合中に突如として『シン』と呼ばれる巨大な怪物が現れ、スタジアムや街を破壊してしまいます。

 

その後見知らぬ島ビサイドに流れ着き、助けてくれたのは親切な島の青年ワッカ

彼もまた、ブリッツボールの選手でした。

 

ワッカには『シン』に弟を殺されてしまった過去がありました。

だから今回の大会を最後に選手を引退し『シン』と戦いたい――

最後に気持ちよく勝って優勝カップを島に持ち帰りたい――

そんな思いを聞いたティーダはワッカのために、ワッカ率いるチームビサイド・オーラカに入ります。

 

ティーダに弟の面影を重ねながらも、ひとりの男として想いを寄せていくワッカ。

その葛藤を感じながらも、ワッカの優しさとおおらかさに惹かれていくティーダ

 

ブリッツボールを通じた、スポーツマン同士の絆と心のぶつかり合い。

そしてティーダとワッカは性別の壁を超え惹かれ合っていくのでした。・・・・・・

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嘘です。

 

 

 

今回のプレーの目標はこのキマリ君を上手に育てることです。

f:id:gontete:20190529152316j:plain

 

FFXのキャラ育成システムはレベルの概念がなく、少し変わっています。

「スフィア盤」という一枚のスゴロク盤のようなものの上を経験値を消費して進み、マス目ごとに設定された数値のパラメータを強化したり、スキルを習得したりするシステムです。

このスフィア盤はキャラごとにルートが決まっているものの全キャラ繋がっているので、途中で他キャラのルートに侵入したり他キャラのスキルを習得したりすることができ、結構自由な育成が可能です。 

 

さて、「キャラごとにルートが決まっている」と言いましたがこのキマリ君だけは別です。

キマリのエリアはスフィア盤の真ん中のちょっとした部分だけで、あとは好きな他キャラの育成ルートに侵入する形になります。

よくいえばフレキシブルな何でも屋、悪く言えば器用貧乏なキャラクターです。適当に育てれば他のキャラの劣化にしかなりません。よくキマリは弱いと言われ馬鹿にされますがこれがあるからです。

 

今回は定石であるリュックエリア侵入→ユウナエリア逆走→ティーダエリアでクイックトリック取得のルートで進めてみました。

このルートで進めると、序盤はアーロンやワッカと共にアタッカー、盗む、使うを覚えてからはリュックと一緒に幅広く立ち回れるサポーター、物理火力がアタッカー組に追い抜かれ物足りなくなる頃には便利な白魔法も多く使える高速の魔法戦士として完成します。

また、キマリのオーバードライブ技は魔力依存の優秀な全体攻撃が多いため、その意味でも魔法型に育てるのはおすすめです。

 

とりあえず今はガガゼト山でシーモア(終異体)をぶっ殺したところです。クイックトリックの2つ手前くらいまで来てます。


f:id:gontete:20190529161534p:plain

f:id:gontete:20190529161714p:plain

 

現在のパラメータ

ユウナエリアを逆走し終わったあたりで魔力がルールーお姉さんを超えてしまいました。

まだ装備の関係でルールーの方が魔法の火力は高いのですが、HPとすばやさで大きく勝り、MP回復手段の竜剣も使えるキマリの方が動かしやすいです。

 

一方ルールーはヘイストかけても遅いけど、巨乳の存在がキマリに勝る点です。

 

f:id:gontete:20190529162705p:plain

しかしルールーが連続魔法を覚えたのでまだまだ活躍してくれそうです。

LV.4スフィアロックをアルテマに使うか連続魔法に使うか迷ったのですが、結局連続魔法にしました。

ダメージ限界突破がないとアルテマは運用しにくそうです。

アビリティスフィアが手に入ったらキマリにも覚えさせようと思います。

 

 

f:id:gontete:20190529163426p:plain

リュックエリアからユウナエリアに入るとキマリの習得魔法はこんな感じになります。非常に便利な魔法を多く覚えます

ヘイスガは貴重な白魔法スフィアを使いましたがメチャクチャ便利なので良かったです。

特にユウナエリアに入った時最初にあるデスペルが非常に便利です。ユウナがいない時期のエフレイエ戦やその後のシーモア・異体、終異体との戦いが非常に楽になります。

 

f:id:gontete:20190529164036p:plain

f:id:gontete:20190529164159p:plain

見えますか、この輝き

ガガゼトはかなりモンスターが強いのですが、レベル上げもかなり捗ります

あとグラビデも覚えてるのでかなり便利 魔法戦士型じゃなくてもとりあえずグラビデは覚えとくと便利です。

 

f:id:gontete:20190529164456p:plain

f:id:gontete:20190529164511p:plain

まあそれでもルー姉さんのファイガには及びません。この時点でもう少ししたらカンストしそうな勢い 魔法ブースターのMP消費倍加が激しいので長期の運用は難しいところですが・・・

 

本当はもっと魔力の高いユウナに黒魔法を覚えさせたほうが強いのでしょうが、ユウナに攻撃の役割まで持たせてしまうと白魔法の運用がしにくくなるのでキマリに黒魔法を覚えさせるのは結構いいと思いました。

 

FFX-2まで収録されたリマスター版がSteamで3000円台 FFXおもしろいからやってみてね