ゴンテテ日記139

今日は明日が休みなんで(変態糞親父)

かねてより行ってみたかった開陽台まで走ってきました。タイヤも新品なので、慣らしも兼ねてのツーリングです。


f:id:gontete:20180618193607j:image
ニュータイヤはダンロップのロードスマート3というタイヤにしました。

ていうかこのタイヤしか履けませんでした。このバイク、タイヤサイズが変すぎるのでこのタイヤ以外売っていません。悲しいです。

 
f:id:gontete:20180618193720j:image

道東方面はほぼ走ったことがないので楽しみでしたが、開陽台のあたりはエゾシカが死ぬ程多いらしいので衝突して死なないかハラハラしてました。

新品タイヤも滑りやすいので、釧路経由で海を見ながらゆっくり向かうことにしました。

 
f:id:gontete:20180618193016j:image
f:id:gontete:20180618194254j:image

初めての道東ツーリングでしたが、道中朽ち果てたドライブインレストハウスの跡が非常に多かったです。

何年前になるかわかりませんが、かつてはここも人で賑わっていたのでしょうか。そう考えると今見ている廃墟とのギャップに少し悲しい気持ちになります。


f:id:gontete:20180618195138j:image
これも廃ドライブインかと思いましたが非常にヤバそうだったのですぐに退散しました。

 
f:id:gontete:20180618195236j:image

釧路市街の手前にある白糠町の道の駅、しらぬか恋問(こいとい)です。恋問という地名はしゃれていて好きです。

手前の寶龍でラーメン食べました。

 

この寶龍、北海道ではチェーン店なのでめちゃくちゃ馴染みの味なのですが、何故か旅先ほどその土地の店よりマクドナルドとか牛丼とか食べ慣れたチェーン店に走ってしまうんですよね。

ホタテラーメンとか限定ラーメンもあったのですが普通の味噌ラーメンを食ってしまいました。

みなさんはどうでしょうか。


f:id:gontete:20180618195841j:image

霧の中、海の向こうでモクモクと煙を吐いている工場地帯が非常にサイケです。

多分製紙工場だったと思います。子供の頃、釧路に来た時この煙が臭すぎて悶えてた記憶があります。

 
f:id:gontete:20180618201611j:image
f:id:gontete:20180618201556j:image

釧路湿原があまりに気持ちよすぎてドラッグレースしたくなりました。

これ以降は開陽台までぶっ飛ばすだけだったので特に書く事はありません。

 

 

そして無事開陽台に着きました

開陽台はほぼ360°の地平線が望めるという展望台

地球が丸く見えるとさえ言われています


f:id:gontete:20180618202825j:image

期待に胸膨らませ階段を登ると

 

f:id:gontete:20180618202054j:image
何も見えなくて草

 

 
f:id:gontete:20180618202853j:image

眠いのでビジホに避難しました

明日帰るときまた寄ってみようかなと思います。せめて雨が降ってなければいいなと祈っています

 

ゴンテテ日記138

みなさんお久しぶりです。

今日は街に買い物に行ったのですが、行きがけに買ったコーラが車内で股間にこぼれ、完全に漏らしたみたいになりました。

漏らしながら歩いてる人に見られるのが嫌なので何も買わずそのまま帰宅しました。

 

空虚な人生ゆえブログに書くこともなくなってきましたので、今回は過去にすがってn年前の今日したツイートを振り返っていこうと思います。

 今回は2年前の2016年6月16日のツイートを振り返っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

くだらな

 

一番悲しかったのは、ウンコを皿にするルフィのコピペが流行ってからもう丸二年が経過していたということです。

つい半年前くらいの出来事だと思ってました。

昔にもどりて~~~

ゴンテテ日記136

海沿いを走りたかったので海沿いに行ってきました。
f:id:gontete:20180504211033j:image

 
f:id:gontete:20180504211455j:image

はえるえるが大好きですがかえるよりkemt派です。

本当は釧路へにしんそばを食べに行こうと思っていましたが、なんか急に行きたくなくなったので急遽山越えして日高方面へ行きました。


f:id:gontete:20180504211717j:image

じゃあな!釧路は今度行きます。

 

国道236号線をひたすら南下して海沿いの浦河町をめざします。
f:id:gontete:20180504212039j:image

超スケールのでかいこいのぼりがありましたが、無風だったため巨大な目刺しみたいになってて悲しかったです。


f:id:gontete:20180504212439j:image
f:id:gontete:20180504213018j:image

国道236号線の広尾町から浦河町までの区間は天馬街道と呼ばれています。かっこいふい

景色もよく走りやすいので好きな道です。

案の定といいますか、上の方は死ぬほど寒くて辛かったです。そんなに標高高くないと思ってナメてました。もうちょっと山が緑になってからまた走りに行きたいです。

 
f:id:gontete:20180504213244j:image

浦河町あたりです。おじいちゃんが草抜きをしてたりして和みます。

晴れてたんですが、山を超えた途端天気が悪くなってきて灰色の写真しか撮れなくなってしまいました。僕が海に行くと大体灰色な気がします。



f:id:gontete:20180504214407j:image

道の駅みついしにやってきました。今回の目的地です。

この道の駅は温泉も併設されておりまして、昆布が入った昆布温泉なる温泉があり一度来てみたいと思っていました。

昆布温泉の感想ですが、煮物の具材が煮込まれている時の気持ちを推察せざるをえない温泉でした。

 

f:id:gontete:20180504214807j:image

温泉に入っている間に死ぬほど雨が降っててガン萎えしてしまいました。

マッサージ椅子に乗りながら弱くなるのを待ってましたが、一向に止む気配がないのでちょっと休んで強行突破することにしました。

 

あのままにしんそば食いに行けばよかったと思い始めていたのは秘密です。

 

外に出たらわりと小雨だったのでいけるか?と思ったんですが、ちょっと進むと凄い土砂降りになって全身ビシャビシャ毘沙門天といった感じでした。しかも天馬街道凍結の恐れみたいな警報が出ててマジで途方に暮れました。

この時点で相当寒かったので、山に戻ったらコケて死ぬか凍死するかだと思いえりも方面から遠回りして帰ることにしました。

 
f:id:gontete:20180504215532j:image
えりも岬に着く頃には完全に雨足は過ぎ去っていました。ちゃんとカッパは持ってこよう!


f:id:gontete:20180504220247j:image

とりあえず、暖をとるのと身体を乾かすため300円払って風の館に入ります。

 
f:id:gontete:20180504220431j:image
f:id:gontete:20180504220444j:image
f:id:gontete:20180504220455j:image
f:id:gontete:20180504220847j:image

風の館は色々な資料とか体験施設とかがある施設です。なんかむかつく顔のアザラシがいました。強風体験コーナーにはなんかかわいい子がいました。

 

 f:id:gontete:20180504220621j:image
f:id:gontete:20180504220641j:image

この時期はアザラシが上陸しているのが見えるようです。頑張って見ようと思ったんですが僕のカメラでは捉えられませんでした。

 
f:id:gontete:20180504220956j:image

えりも岬に来ると毎回このミステリーラーメンなる食べ物が気になるのですが、結局食べずに終わってしまいます。何がミステリーなのかは謎が深まっていくばかりです。

ちなみに横のスーパーうに丼も一回食べてみたいのですが、一杯4000円なのでおいそれと手が出せません。

いつか両方食べてみたいです。

 

えりもからの帰り道は晴れてて非常に気持ちよく帰れました。色々予定外の事がありましたが楽しめたと思います
今日はここまでにしときます(たれぞう)

それでは、皆さん さよなら〜〜〜〜

 

 


f:id:gontete:20180504221333j:image
f:id:gontete:20180504221343j:image

帰り道にもう一回寄ったらきれいに泳いでました。

 

 

ゴンテテ日記135

 

「さよならアストロノーツ」というボーカロイドオリジナル楽曲があるのですが、今から10年前、この曲が投稿された2008年はニコニコ動画の黎明期でした。

ぼくがニコニコ動画というものを知り、キモオタクへの分岐点に立ったのもその頃であったと思います。

 

高校生になるとだんだんボカロ楽曲からも離れてしまっていたのですが、今日ふとこの曲が好きだったことを思い出し聴いていました。

10年越しで知ったのはこの曲の制作背景です。

 ニコニコ動画ユーザー層は10代の方が多いそうなので、大人の歌を作ってみました。そういう方達が今から10年経って社会を担うようになった時に、この曲とオレの事を思い出してもらおう!というね。これを「小林オニキス10ヵ年計画」と呼びます。

まさしく僕はこの「小林オニキス10ヵ年計画」にまんまとはめられていたわけですね。

中学生のオタクが曲を聴き、10年後思い出して反芻する、という壮大なスケールの創作物に触れることができて感激しているところです。

ゴンテテ日記135

3ヶ月周期くらいでグミにドハマりして毎日グミを買っちゃう時期が訪れるのですが、今がまさにそれでして、一週間前くらいからまたグミを買いまくっています。

 

特に好きなのがつぶグミです。

買う割合でいえば7割くらいはつぶグミだと思います。

 

しかし、いつものようにつぶグミを買いにコンビニに立ち寄ったときのことです。そのコンビニにつぶグミは売っておりませんでした。僕は泣きました。

 

その時はとりあえず似たような見た目のポイフルを買ってしまったのですが、似てるのは見た目だけでした。僕の求めているものとかけ離れていました。

形は似ていてもつぶグミの安っぽいジャンキーな甘さ(長所)とは違います。ポイフルはあまりにフルーティーすぎてくどかったのです。芳香剤を食っているような錯覚さえ覚えました。

 

しかしそれから3日くらい経ったころ、ある憶測が生まれました。

ポイフルはつぶグミのように鷲掴みにしてモリモリ食べるグミではないのではないか?

それを証明するため僕は再びポイフルを買いました。

 

ポイフルを一粒一粒、味わって噛み締めます。するとどうでしょう。一気に何粒も口に放り込んでいた前回とはうってかわって、それぞれのフルーツの味と香りがしっかりと感じられます。

ポイフルは、一粒一粒上品に味わうタイプのグミだったのです。

 

年齢を重ねるにつれ、固定観念に囚われがちになっているような気がします。うんこの一言ででゲラゲラと笑っていたあの頃のように、柔軟にこの世を見る能力を取り戻していきたいものです。

ゴンテテ日記134





f:id:gontete:20180424195141j:image

イオンの火曜市なので半額寿司を買い込んで豪遊しました。


f:id:gontete:20180424194513j:image

寿司を燻製しました。

 

 

 

 

ガチでゲロ吐いたので皆さんは食べ物で遊ばないようにしましょう。