ウェブログ

ゴンテテ日記99

みなさん、お元気ですか?

 

世の中は不思議なもので、全く関わりがないはずの異邦の地同士でも、全く同じ概念があったり同じ道具が生まれていたりしています。

現代では通新技術が発達し世界中が繋がっていますが、それは歴史上ではごくごく最近からの話です。お互いの存在すら認知していない時代に、同じ概念が共通して誕生するというのは興味深いことです。

 

これは偶然でもなんでもなく、単純に形は違えど最も合理的な答えがそれであった、というだけの必然的な話だと思っています。それが一番効率的だったり納得のいくものなら、いつか必ず誰かが思いつき、そこにたどり着くと思うのです。

しかし、僕は一つだけ納得のできないものがあります。

 

それはトイレです。

 

世界的にみて、トイレにはしゃがむタイプのトイレと座るタイプがみられます。

しゃがむタイプのトイレ(我が国では和式トイレと呼ばれていますが)は、しゃがむのは辛いですし、汚れやすく清潔ともいえません。明らかに最も合理的な形ではないはずです。

普通に考えて、身体的に合理的な腰掛けるタイプのトイレへと進化していくことは明らかなはずです。それなのに和式トイレが現代にまで深く根付いているのは何故なのでしょうか?

 

その答えは、トイレの歴史的背景にみることができると考えます。

 

―――――――――――――――――――――

 

三連休を費やし、トイレの歴史と形態との関連性について研究していましたが、ここまで書いて非常に疲れたので、これ以上考察するのは諦めようと思います。

そろそろじん生に疲れてきたので5年くらい休みたいです。

洋式トイレは合理的な答えかもしれませんが、それは製造技術、素材、社会的な基盤が整備された現代からみたトイレでの話。

トイレは、単純に身体的な合理性だけで考えられないものであり、歴史的背景、そしてそれぞれが置かれた環境や人生に密接に関わりながら複雑に形づくられてきたといえます。

 

 

さて、バイクを店に預けてきたので本格的に冬やることがなくなってしまいました。

アウトドアは寒くて嫌になるので、冬の間は温かい部屋で絵の練習でもしようと思います。

うんこのことばかり話していても辛いのでゴンテテ日記100ではイラストメイキングなどをやってみたいです。

 

 

ゴンテテ日記98

うんこは一つの「終わりの形」です。

 

現代は苦難の連続です。最近、ついつい人生「ああうんこだなあ」と思ってしまいます。

なぜうんこなのか? それはうんこが「終わったもの」だからでしょう。

人生の世知辛さ、うまく行かなさ等の終末的な感情、そして自分自身をうんこに重ねているのです。

 

しかし、目線を変えて見るとどうでしょうか?

世の中にはどういうわけか、うんこがないと生きられない生物もいます。

代表的なのが、フンコロガシ等の、うんこを食料とする糞虫と呼ばれる仲間です。

うんこは、その動物が利用できないものを排出したものです。しかし、他の動物にとっては利用可能な栄養を含んでいるのです。また、消化の過程で新たに追加される成分もあります。

 

うんこだなぁ、と思うとき―残酷なことに、間違いなく自分はうんこなのかもしれません。

しかし、うんこでも必要としてくれる環境が確かにあります。うんこを食べ、うんこを家にして暮らしている生物もいます。

そのような場所を見つけるのは非常に難しいですし、生涯出会うことができないかもしれません。しかし、日々うんこを必死に磨いているうちに疲れ切ってしまったとき、そのことを思い出すのがいいと思います。

 

うんこは私達にとっての「終わりの形」ですが、誰かにとっての「始まりの形」でもあるのです。

 

ハァ〜うんこ カス

ゴンテテ日記97

今日は、インスタ映えするうんこの出し方について考察します。

 

女子高生を中心に、あらゆるシーンで「インスタ映え」が重要視される時代。オシャレなカフェや素敵なスポットに足を運ぶのもよいですが、どうしても貴重な時間と手間を惜しまざるを得ないもの。

 

ここはあえて自分の身の回りに目を向けてみましょう。自らに近しく、それでいてフォトジェニックな存在とは何か?

それはうんこです。

インスタ映えするうんこが出せれば、あらゆるインスタグラマーに差をつけられることは間違いありません。

 

やはり、最も視覚に訴えられる要素は色でしょう。カラフルなうんこは出せないのでしょうか。

 

答えはNOです。

 

カタツムリは、食べたものの色をしたうんこを出すことが知られています。

しかし人間はそうはいきません。

人間のうんこの色は、胆嚢から出される胆汁という消化液の色です。あの汚い色は消化管がしっかりと機能している証拠なのです。

赤、白、黒など、カラフルなうんこ――それはすなわち肉体の問題、それも多くの場合重篤な異状を意味します。

カラフルなうんこを出すには命をかけなければいけないので現実的ではありません。

 

形も、視覚に大きく訴える要素の一つです。

うんこは、毎日様々な形に姿を変えます。まさに青空に浮かぶ雲のように、二度と同じ形のものは出てこないのです。

 

うんこには物語があります。

うんこの化石が、考古学上で当時の食生活や環境を知る重要なファクターとなっていることからわかるように、うんこの背景を覗いてみるとそこには大きな世界が広がっているのです。

色という要素に頼らなくても、うんこからは数々の物語を感じることができます。

奇をてらう必要などなく、等身大のうんこそのものが最もフォトジェニックな存在であると考えます。

 

最後になりますが、うんこの話は置いておいて、現代ではインスタントに写真に映える要素ばかりを追求しすぎているように思います。

表面の見てくれだけではなく、その裏に広がる、そのものが持つ本質――すなわち等身大の姿こそが、最も美しいものであると私は考えています。

 

ゴンテテ日記96

みなさんお元気ですか?

 

最近はずっとどうしたらうんこになれるのか考えていました。

うんこは臭いし汚いし誰も近づきたくない嫌われ者です。

しかし、同時に世界中の人々を笑顔にする存在でもあります。

「うんこ」その一言で我々は笑顔になります。うんこは不浄な存在でありながら、確実に世界を明るくもしているのです。

その二律背反さ、油と水のように混ざり合うことのないはずの要素を兼ね備えているうんこに僕もなりたいと考えたのです。

 

うんこになるのは簡単です。

人気のないところで死ねば動物や微生物のうんこになれるでしょう。

 

しかしうんこのような存在には到底なれるものではありません。

うんこの歴史は生物の誕生と共にあります。

うんこの評価は何億年も我々と密接に関わってきたことにより生まれた、努力の結晶のようなものなのです。

一代限りの人間がうんこに追いつくことは到底不可能でしょう。

自分の臭くて汚いところを正直に受け止め、磨いていく―そうすることで、うんこのような存在に少しでも近づけるのではないかと思っています。

 

――――――――――――――――――――――

 

また、今日は久々に羽を伸ばす時間があり少し出かけてきたのでついでに書こうと思います。

わりと近場の山の中に展望タワーがあるということを最近知ったので、足を運んでみることにしました。

f:id:gontete:20170930160702j:image

 山に向かい、亜音速でひたすらカローラを走らせます。何もなくて発狂しそうになります。
f:id:gontete:20170930160942j:image

そのタワーは一本山展望タワーといいます。

ありえん山の中な上標識がポツンとしかないので秘境感が物凄いです。

当たり前のようにある熊出没注意の看板が恐怖を煽ってきます。

f:id:gontete:20170930160901j:image

途中まで舗装だったのですが途中から数キロメートルのダートを走ることになりました。

本当はバイクで来ようと思っていたのですが、リッターバイクでこんな道を走っていたら確実に途方に暮れていたでしょうから車で来たのは英断だったといえます。


f:id:gontete:20170930161452j:image

砂利道を進んでいると急に開けた所に出ました。どうやらここがゴールのようです。

先客がいました。


f:id:gontete:20170930161703j:image
f:id:gontete:20170930161653j:image

長い階段を登り息を切らしていると無骨な鉄塔が見えてきました。

さっきの開けたところは一応駐車場だったようです。


f:id:gontete:20170930161808j:image

山の中に巨大な人工物が建っているさまはどこか非日常感があってそそられます。


f:id:gontete:20170930161852j:image

塔の上まで行くと360°十勝平野を一望できます。眺めが良すぎてここから見えないところが逆になさそうです。

無料の望遠鏡も設置されているのですが、楽しすぎて30分くらい経ってました。いい景色と望遠鏡のコンボは非常に危険です。

死ぬまでに眺めのいい場所に住んで一日中望遠鏡を見ながら過ごしたいです。

 

 

ゴンテテ日記95

今日車を運転していたときのことです

突如猛烈な便意に襲われ、うんこが無理やり肛門を突破してこようとしてきました。

 

しかしここは田舎。周りには延々と畑しかありません。あまりに漏らしそうすぎて生まれて初めて野糞が現実的な選択肢の一つに入りました。

脳内で素早く最寄りのトイレを検索し急行します。知ってる人は知ってると思いますが恋人の聖地として有名なあの駅です。

恋人の聖地たる有名パワースポットにただうんこをするためだけに立ち寄る、これが地元民の余裕というところでしょうか。

 

しかしうんこをしたすぎて僕は冷静さを欠いていました。今は三連休な上お盆です。花火大会もある事も重なりありえない程人がいました。

駐車場は激込みで、僕が一分一秒を争う危険な状態であることなど露知らずカップルがたむろしています。あやうく轢くところでした。

うんこは間に合いましたが悲しくなったので帰りました。

途中で食べたカツ丼が美味しかったです。

ゴンテテ日記94

みなさんお元気ですか?

 

つい先日のことになりますが、バイクを売ってきました。

車検が今月中頃までだったのですが、仕事が繁忙期に入り諸々の手続きに行くのがクソめんどい事、大型二輪とったし大型乗りたい欲にかられている事、車検代の事等様々な思いが錯綜し、売るという決断をしました。

二年間色々な所に連れて行ってもらいましたがこれでお別れです。

 

本当は最後に思い出に残るようなツーリングでもしようと思ったのですが、結局いつも行く海沿いの温泉にふらっと行って、いつものように風呂入って帰ってきただけでした。

最後くらい一緒に写真を取りたかったのですが、その日は海沿いの天気がクソ悪く頼む人ひとりいなかったので、バイクだけ写真に収めて帰ってきました。淡白ですね。

f:id:gontete:20170810080111j:plain

次の日さっそくレッ●バロンに預けてお別れとなりました。

数日後査定終わったら連絡しますね~とのことで退店したのですが、一週間くらいたっても一向に連絡が来ません。

 

心配になってきたところでついに電話が

「フレーム溶接で盛られた跡とかフロントのダメージとか結構あるんで事故歴ありますねこれ~」

f:id:gontete:20170218225446j:plain

↑話を聞いたときのおれのかお

 

このバイクの前オーナーはレッ●バロンから買ったみたいなのですがその時はそんな形跡はなかったようです。前オーナーが事故ったので僕が買ったバイク屋に売り、それが修復された後僕が買ったという感じでしょうか。

バイク屋のおっさんは事故歴はないし前オーナーも綺麗に乗ってたと確実に言ってたので、ぼくは嘘をつかれていたわけですね。

とりあえずグーグルマップで☆1をつけてほくそ笑んできました。

悲しくなりましたが、ニンテンドースイッチスプラトゥーンセットが買えるくらいの金にはなったのでニンテンドースイッチスプラトゥーンセットを買おうと思います。

 

あとなんか気がついたら新しいバイクを契約してしまっていたので納車されたら紹介します。

ゴンテテ日記93

みなさんお元気ですか?

 

月曜の祝日は神ですね。しかしながら、平日前夜のこの時間はかなり死にたくなります。

みなさんも連休明けは衝動的に電車に飛び込んだりしないように気をつけましょう。

 

ぼくの場合は田舎過ぎて、まず飛び込む電車が走っていないのでかなり安心といえます。電車に轢かれるリスクよりヒグマに殺されるリスクのほうが10倍ほど高そうです。

 

 

さて、先週ついに大型二輪免許の取得に至ったのですが、丁度一ヶ月前教習の様子を日記にして書きますとか言ってたことをさっき思い出しました。

蓋を開けてみると、前回の日記以来ほぼコースを覚えて繰り返し走るだけだったのですっかり忘れていました。なので卒業検定の様子だけ少し記録しておこうと思います。

 

卒業検定は火木土実施でした  土曜日は忙しかったので颯爽と有給を勝ち取り木曜日に突撃

そろそろ仕事が忙しくなるので、これで落ちたらガチで二度と試験受けに行けない状況  本当に背水の陣という感じでした

10時半集合だったのでアホみたいに寝てからゆっくり行きました。

やはり午前10時より前は人間が動ける時間ではないと思うので、10時前に働いてはいけないように法律で規制してほしいです。

 

行くとその日の受験者は3人  顔なじみのおっさんと怖い顔のおっさんとぼくです

さすがに緊張していましたが、その日は最高気温35度  アスファルトも溶けていて頭がおかしくなります

暑すぎてガリガリ君を食うことだけ考えていたらいつの間にか試験が終わっていました。

 

おっさんと完全に受かったつもりで大型バイク話を膨らませていると、ついに合格発表が

無事3人全員合格でした  これで落ちてたら確実に自殺してたと思います。

最後に3人で卒業者講習なるものを受けて終わりです  たのしい教習もこれで終わるんだと思うと寂しくなりました  事故って死なないようにしたいです

 

最後に卒業記念でケーキを貰いました

非常に嬉しかったのですが、あまりの酷暑のため、免許更新に行くわずか10分程度でケーキがドロドロに溶けており涙が出ました。

その後車内で泣きながらドロドロのケーキを食べたら胸焼けしました。

あの溶けたケーキの味は一生忘れないでしょう。

 

一ヶ月ほどでしたが楽しかったので、講習会などあればまた自動車学校に行きたいです。